MENU

プテロイルモノグルタミン酸型葉酸サプリでおすすめ・安全なものは?

生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを大幅に低減できるとして、厚生労働省が推奨している、
プテロイルモノグルタミン酸型の葉酸サプリですが、

 

 

結局のところどういうこと?

 

葉酸サプリはどれを選んだらいいの?

 

という方も多いのではないでしょうか。

 

おすすめの葉酸サプリをはやく見るならこちら

 

葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果

受胎前後における充分な葉酸の摂取により、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが大幅に減少することを示しました。そこで世界各国で妊娠を希望する女性に対してサプリメントなどの栄養補助食品からの葉酸摂取に関する勧告が出され、また葉酸を添加した食品も普及しました。その結果、欧米諸国での神経管閉鎖障害の発症率は近年著しく減少しています。〜中略〜
葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)は二分脊椎などの神経管閉鎖障害を持つ子どもが生まれるリスクを低減できる可能性があるとして、厚生労働省は特定保健用食品の関与成分として認めています。

葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果より引用

 

このページには結構難しいことが書かれているのですが、このページでは要約して伝えますので安心してくださいね。

 

 

そもそも食品じゃなくてなぜサプリがいいの?

国が、食品ではなくサプリメントをおすすめしている。これってけっこう珍しいことですよね。
「食事が基本、サプリメントはあくまで補助です。」なんてよく言われていますので。

 

でも、葉酸サプリに限ってはちょっと違います。
サプリの方がおすすめなんですね。

 

そのわけは吸収率にあります。

 

食品中の葉酸(dietary folate)の大部分はポリグルタミン酸型なのですが、これが体で吸収されるときにはモノグルタミン酸型となっています。葉酸を取り入れて⇒体で吸収されるまでのこの変化過程で代謝されるため、損失が起こってるんですね。

 

レバーやほうれん草など、普通の食品から葉酸を摂取した場合は、葉酸の吸収率が50%以下になります。

 

でも特殊に加工された葉酸サプリを摂ると、最初からモノグルタミン酸型となっているため、安定性も高く、体への吸収率が上がります。この率が、85%程度と言われてます。

 

もちろん、普段の食事も大切なのですが、妊娠初期の推奨量の400μg(0.4mg)を毎日摂ろうと思うと容易ではありません。
こういう意味からも葉酸サプリを摂りましょうと国が言っているわけですね。

 

 

プテロイルポリグルタミン酸型とプテロイルモノグルタミン酸型

葉酸には、大きく2つの種類の種類があります。

 

@食品から摂れる「プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸=Folate」

 

 

A合成された「プテロイルモノグルタミン酸型の葉酸=Folic Acid」

 

です。葉酸の化学物質名がプテロイルグルタミン酸というだけなので、「プロテイル」という言葉を気にする必要はありません。「ポリ」か「モノ」かがポイントです。

 

@食品から摂れる「プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸=Folate」

こちらは天然の食品由来なので、普通に考えると一番安全でおすすめされるように思いますが、上で書いたように、葉酸の吸収率が低く、現時点では、神経管閉鎖障害のリスク低減に関する科学的根拠が充分にありません。

 

なので、プテロイルポリグルタミン酸型の葉酸は良いは良いのですが、効率が悪いです。国としても第一に取りましょうとまでは言っていません。

 

A合成された「プテロイルモノグルタミン酸型の葉酸=Folic Acid」

プテロイルモノグルタミン酸型の葉酸が、厚生労働省がすすめているものです。こちらはさらに、食品から作られた葉酸と、石油などの食品ではないものから作られた葉酸に別れます。

 

これは言うまでもなく、前者の食品から作られた葉酸の方が良いです。食品ではないものから作られたものは母体や胎児にも負担がかかります。

 

 

プテロイルモノグルタミン酸型葉酸サプリでおすすめ安全なものは?

ただ、厚生労働省のHPでは、どのサプリが良いのか?ということは言っていません。

 

ここまで書いてきたことから、妊婦さんにおすすめできる葉酸サプリとしては、

 

  • 食品から合成された
  • プテロイルモノグルタミン酸型

 

がおすすめであるといえます。

 

加えて、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなど他に必要な栄養素だったり、体に悪い添加物がないもの、質が保たれるGMP準拠工場での製造などがプラスポイントとなります。

 

これを満たすのがこれらです。

 

 

ベルタ葉酸サプリ

  • 食品から合成
  • モノグルタミン酸型葉酸400μg、鉄分16mg、カルシウム232mg
  • 3980円(税込)

 

モノグルタミン酸型葉酸サプリでは一番売れているのがベルタ葉酸サプリ。食品添加物なし、GMP準拠工場での製造、鉄分16mg、カルシウム232mg、ビタミンAなど配合にも配慮されて作られています。
少し値段が高いのが難点ですが、質、人気、実績ともにナンバーワンです。男性用サプリのセット販売もあり、不妊治療中の方にもおすすめです。

 

【ベルタ葉酸サプリ】はこちら

 

 

Lara Republic(ララリパブリック)

  • 食品から合成
  • モノグルタミン酸型葉酸400μg、鉄分10mg、カルシウム210mg
  • 2759円+税

 

海外でも評価を得ている葉酸サプリ。鉄分10mg、カルシウム210mgも入っています。ベルタ葉酸より栄養面で少しずつ量が少ないですが、定期購入がいつでも解約できるのがポイントが高い。添加物なし、GMP準拠工場での製造、野菜の産地にもこだわっています。

 

【Lara Republic(ララリパブリック)】はこちら

 

 

女性100人の声から生まれた【葉酸サプリ】

  • 食品から合成
  • モノグルタミン酸型葉酸400μg、鉄分10mg、カルシウム200mg
  • 1800円+税

 

コストで選ぶならイチオシのAFCの葉酸サプリ。食品添加物はあるものの厚生労働省基準の安全性は確保されています。他にも鉄分10mg、カルシウム200mgも入っています。

 

女性の声から生まれた葉酸サプリはこちら

 

 

まとめ

「天然のものだから良い」という広告や、「合成葉酸はダメ」なんて間違ったことを書いているサイトもありますが、葉酸サプリを正しく理解すれば、おのずと選ぶべきサプリがわかります。

 

妊娠初期は特に、お腹の赤ちゃんにとっては大事な成長時期。葉酸サプリは少し値段もしますが、推奨する医師達も、「サプリメントだけは高くても高品質のものを選ぶべき」と言っています。

 

コストと栄養面を参考にあなたにとって一番合う葉酸サプリを選ぶようにしてくださいね。

 

 

妊娠線クリームなら
AFCの妊娠線クリーム